[9/30]第7回 オージャス映画上映会  追悼 ジャンヌ・モロー

開催日 9/30(土)開場:武蔵小杉スタジオ

開演19時(10分前にお越しください)

入場無料! 食べ物飲み物持込OK! 会員様以外もOK!(お友達もご一緒に)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

突然炎のごとく

1秒も無駄がなく最後まで疾走していく革命的な愛の物語 この時代の女性殆どが憧れた。この映画を観ずに死ぬなんて、恋と自由を知らずに死ぬのと同義!

Jules et Jim
監督 フランソワ・トリュフォー
脚本 フランソワ・トリュフォー
ジャン・グリュオー
原作 アンリ=ピエール・ロシェ
製作 マルセル・ベルベール
出演者 ジャンヌ・モロー
オスカー・ウェルナー
アンリ・セール
音楽 ジョルジュ・ドルリュー
撮影 ラウール・クタール
編集 クローディーヌ・ブーシェ
公開 1962年
上映時間107分
製作国 フランス

 

2017年7月31日ジャンヌ・モローが89年の人生に幕を降ろした・・・
ジャンヌ・モローは世界最高の女優

彼女は全ての男を破滅させる悪女であり

耐えて待ち続ける女性であり

気難しくもあり その歴史上誰よりも強い女性であり

奔放で 自由の象徴で 世界一煙草が似合う女性で
いくつになっても少女の茶目っ気を失わない
最もクールなフェミニストであり

孤立を怖れず誰にも屈しない反骨の精神の持ち主で

世界中の女性の悲しみは彼女の瞳を通して語られ

彼女の中に全ての女性が存在した
古澤 徹