西小山のマタニティヨガ 〈お知らせ〉

こんにちは
西小山で産前産後のクラスを担当しているはづきです。

来年1月よりクラスに変更がありますのでお知らせです!

~マタニティヨガ~

毎週月曜日 13時~14時半

担当  はづき  曜日、時間共に変更です。

よろしくお願いいたします。

(月曜日の13時~のママヨガクラスは今月いっぱいで終了ですm(_ _)m。)

マタニティヨガは、妊婦である自分のことを柔らかく眺めながら子宮さんを感じ、
お腹の赤ちゃんを感じ、ゆっくり過ごす時間です。

クラスの始めに「心が開かれないと子宮はひらかない」という話をときどきします。
女性は、一般的に、心を相手に開いてから体(生殖器)でも受け入れる。
子宮で相手を受け入れ、愛す。

お産も、、
リラックスしてその時を迎え、心を開き、子宮がひらかれ、そして赤ちゃんが生まれる。

緊張や恐怖心でなかなか子宮がひらかないと難産になる可能性がある。

心を開き、お産がスムーズにすすむためには、イメージも大事。

お産は順調にすすむ、陣痛の痛みは赤ちゃんを押し出そうとする痛みなのだ、
無事に赤ちゃんに会える、、などなど

良いイメージ力を高めるには、深いリラックスが重要。

そこでマタニティヨガのリラックスがなぜ大切なのか、、繋がってくるのです。

リラックスする、弛緩するためには緊張させることももちろん大事です。

締める、緩める。双方のバランス。

ヨガでは、緊張と弛緩を交互に繰り返し、骨盤底の緊張と弛緩も練習し、
深いリラックスに誘います。

マタニティのクラスでのリラックス中(シムスのポーズ)、妊婦さん達が気持ち良さそうにお腹の赤ちゃんと寛いでいるのを眺めるのが私にとって幸せなひとときです。
週末明け、妊婦さんにとっても健やかな一週間を送れますよう、
マタニティヨガクラスのご参加お待ちしています♡

 

o0480036013514863056